うつ病の症状に気付いたらメンタルクリニックへ|医師との相性は大事

青空と男性

精神疾患に強いクリニック

考えこむ男性

病を原動力に変えるケア

学校や職場などに足が向かない、先のことを考えるだけでメンタルヘルスの不調が現れるなど、軽度から重度までの精神疾患を抱える男女は年々増加しています。こうした背景も重なり、全国的にメンタルクリニックが展開されるようになり、ツラい時にカウンセリングや治療によって症状を緩和させられるサポートが支持されています。また近年のメンタルクリニックにおいては、その日に診て欲しいというニーズに応えるため、柔軟に対応できる体制を整えています。これまでは、完全予約制でプライバシーを保護し、精神疾患に悩む患者1人に時間をかけ、治療やアドバイスに徹してきたものの、必要とされる時に応じることが最も重要となるため、柔軟性を持たせる受診時間を設けています。さらに治療法にも変化が見受けられており、薬物療法や食事療法などはもちろん、近年では発見セラピーなる治療法までが展開されはじめています。自分がどういう人物であり続けたいのか、アイデンティティーを取り戻す療法です。一般的に、精神疾患の要因となるのが環境の変化にあるため、環境に振り回されず、常に主導権を握り、日々のブレを修正できる魅力があります。この自分自身の魅力を発見する療法は、老若男女問わず適していることもあり、治療の第一歩として急速に提案が進められています。

固定しない治療法

メンタルクリニックでは、一般的にカウンセリングが提案されており、臨床心理士などのカウンセラーによって、耳を傾け、内容を受け入れて共感するなど、精神疾患を抱える患者に寄り添った内容で展開されています。悩みを第三者に話すことによって、その悩みを手離すことに必然的に結び付き、批判や不安などに効果が期待できます。しかしながら、疾患を抱える方の中には、傾聴に依存してしまうケースも増えており、カウンセリングのみを続けるケア法に難色が示されています。もっと短期間で効果を出すための工夫として、NLPセラピーが提案されています。固定観念をズラし、病気や障害を原動力へ変えられるケア法が近年のメンタルクリニックで提案されはじめており、例えば、メンタルクリニックに足を運ぶ患者数で急増しているうつ病では、症状について、治療法について熟知しているものの、うつ病から抜け出すには常に頭に描く障害や病気に対する思考を別に向けることで脱却できる考えです。古くから提案される治療法も時として必要となるものの、現代社会のニーズや環境は目まぐるしく変化しており、その変化に対応しているクリニック選びが必要となり、治療科目でも目新しさを掲げるなど、クリニック側も努力に励んでいるため、利用利点が多数挙げられます。